東京 ロングスケートClub

ロングスケートボードの楽しみ方の中でも、クルージングの楽しさを無限大にしてくれるのがダンシングです。普通のスケートボードと何が違うのか、紹介しています。ロングボードダンシングは女性のエクササイズや大人の休日の趣味にも最高です!

ロングボードダンシングとは?

ロングボードダンシングとは、板の前後のデザインが同じで、レギュラーとスイッチのスタンス替えや後ろ向きでの滑走がし易いものをフリースタイル用のロングボードと言います。一般的にはそのボードを使ってステッピングをしながら踊る滑り方です。板の詳細については別ページにて紹介させていただきます。

ロングボードで快適にクルージングしながら多種多様なステッピングをして踊る様子はペニー以上に新しいスケートボードブームの到来を予感させるカッコよさで溢れています。

まずこのページでは、はじめての人の為のロングボードダンシングの遊びかたのつづき をみていきましょう。

クルージングによいコースが近くにあるか、周りを調べてみよう

まず、遊ぶ場所を確保する事が大事です。コンクリート道路では、よほどガタガタの舗装状態でなければロングボードはソフトウィールの性能から快適に走る事ができます。ロングボードの遊び方のページでも解説しているように、法律順守の精神の元、交通量のすくない道路(車がほとんど通らず、人の往来も1時間に10人いるかどうかくらいがGOOD)で、できれば風景が良いなど、走っていて気持ちの良いジョギングコースを選ぶような感覚でコースを確保しましょう。

いいところ、近くにあるな・・・という人はやってみよう!暮らしに良いリフレッシュ

住んでいる町の近くに河川敷のランニングコース等、車の交通の無い場所があれば、楽しいスポーツの趣味にロングボードを始める大チャンスです。健康維持には定期的な運動が大事というのは常識ですし、上達が無限大にあり、楽しい方がよいでしょう。

サーフィン、スノーボード好きには絶対おススメ!

ロングボードはよくサーフィン、スノーボードのオフトレ用として紹介される事がありますが、横乗りの板モノが好きな人ならほぼ間違いなくロングスケートダンシングは楽しめます。ただし、サーフィンやスノーボードのオフトレというよりは、別の板モノとして楽しむほうがよいでしょう。

ロングスケートダンシングの”やり込み要素”は快適

ロングスケートはダンシングと組み合わせる事で幅広いレベルの”やり込み要素”が実現します。ダンスやステップというのは、素人からプロまで、どのレベルでも楽しいもので、ようするにロングスケートダンシングにもこれが成立するわけです。 ロングスケートはダンシングなしでクルージングするだけでも爽快できもちいいですが、そこにダンスを加える事でどのレベルのスケーターも”自分の滑り方”を楽しみ、上達したいと思えば、より自分の好みの滑り方を無限大に研究できるのです。

スケートボード未経験者用 一番はじめの練習