スポーツは人生に活きる!ロンスケ ひでのコラム

本サイトのスケーター、ひでのコラム記事コーナーです。
ロングスケートを、スポーツを通じて得られる本質に迫る!というような、ちょっとした人生のエッセンスみたいな内容を私なりに書いていくコラムでございます。

男女関係なく、このコラムを通じてロングスケートに興味を持つ人が増えたり、または、なんでもいいのでスポーツを始めてみようと思う人に、ちょっとした何か貢献ができたら良いなと思っています。

マメに更新できればいいなと思ってまーす。by ひで

ロングスケートを、スポーツを楽しむ事は人生を楽しむ事に近い

人が ” 運動をしよう ” と思う理由って、本当に人それぞれ、様々な理由があると思うんですよ。
健康維持の為とか、女性なら美容の為とか、動機って違うじゃないですか。人によっては、運動が大の苦手で、スポーツをやるという事そのものが苦痛という発想になってしまう人もいるわけですよね。

スポーツって、場合によってはケガもしますし、仕事してる大人は特に、スポーツに時間をあえて捻出する事こそ難儀なれ、という感じの人が正直多数派になるんじゃないかと思います。

とは言え、スポーツは良いものだ!

このコラムを書いている私は確信していて、スポーツは絶対やっていた方がいい、という自分の意見をはっきりと持っています。スポーツを楽しむという行動は、人間の生命活動そのものに真理が深く繋がっているように思えるんですよね。

このサイトの1コーナーを借りて、伝えていきますよ~!!

ロングスケートは少数派。だからこそ、人生に活きる経験ができる!

実は、スケートボードの中で、もっと言えば、横乗りの板モノ全般の中で、ロングスケートボードって実はスーバー少数派なんですよ。日本では、そもそも普通にスケートボードを楽しむ事それ自体がもはや少数派です。
だからこそ、今、この時代に考えてみたいんですよね。日本って、多数派の安心感で生きるが良しとされる文化が世界的に見ても未だ根強いものの、人口が減少してる時点で、何かが変わらないとこの先無理ゲー状態です、っていう雰囲気が2019年現在で大分濃厚な気配が漂ってるように感じるわけです。

スケートボードは ”ちょっと人と違う”という事に端正がつく

ちゃんとマナーを守って、上手くなろうと練習していると、一人でも必要なら決断して対応する、という行動力だったり、内面的な柔軟な性格というか気性みたいなものが良い意味でプラスに身につく事にとても直接的な効果があるように思えるんですよ、スケートボードって。

今こそスポーツなのだよ!さあ、みんなで板に乗ろう!
⇒ロングスケートは人の幸せにプラスなんじゃないか!?という考察①